ムダ毛ケア 家庭脱毛 副作用

ムダ毛ケアの効果と料金・副作用【2018年最新情報】

家庭用脱毛器が人気上昇中なのはなぜ?

 

ムダ毛ケアの処理には、家庭用脱毛器が自己脱毛の中では今のところ一番優れた脱毛方法ではないでしょうか。

 

それでもそれなりの金額がかかり大きな出費となるため、気軽に買うのは難しい製品です。

 

いろいろなメーカーの家庭用脱毛器を比較しておすすめの家庭用脱毛器を検証・比較してみました。

 

 

 

ムダ毛の処理には様々な方法があります。

 

でも、大きく分けてみますと、

 

1・自己処理によるムダ毛処理

 

2・脱毛サロンや医療脱毛によるムダ毛処理

 

 

家庭用脱毛器以外にもいろいろな脱毛方法があります。

1・かみそりなどの刃物を使用したムダ毛処理の方法

 

2・刃物を使わなくて、熱でムダ毛を焼き切る方法

 

3・薬品などを使用してムダ毛を脱色・溶かすなどの方法

 

4・ワックス脱毛による自己脱毛法

 

5・脱毛石鹸による脱毛

 

6・豆乳ローションによる抑毛

 

7・毛抜きによる脱毛方法

 

などがありますが、ここでは家庭用脱毛器を使用した脱毛方法について、詳しく検証してみました。

 

主な家庭用脱毛器の種類

 

家庭用脱毛器の脱毛方式

 

レーザー脱毛  光脱毛   サーミコン脱毛  超音波脱毛器・高周波脱毛器 などがあります。

 

家庭用脱毛器は、販売しているメーカの種類によって、肌への負担・痛みや、脱毛器の価格、効果を感じ始めるまでの期間が大きく変わってきます。

 

 

脱毛器それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご自分でどのような使い方をしたいのか、どのような効果があるものが欲しいのか、痛みには弱くないか、などいろいろな条件があると思いますので、メーカー別の脱毛器の特徴をよく知ってから購入しないと、最後には倉庫の中に眠ってしまうと言うことになりますので注意が必要ですね。

 

 

脱毛方式による特徴

 

レーザー脱毛器の特徴

 

レーザー脱毛器は、毛の黒い色を作るメラニン色素に反応する特殊なレーザーを当て、毛を育てている毛根(毛乳頭)にダメージを与えて脱毛する方法です。
原理的には、クリニックなどで使用しているレーザー脱毛器と同じシステムですが、それと比較してかなりレーザー出力が低く抑えてあります。

 

 

家庭用レーザー脱毛器で、代表的なものは「トリア」というレーザー脱毛器です。

 

しかし効果はあるものの、使用した感想は、かなり痛みが強いということですね。

 

 

家庭用のレーザー脱毛器のデメリット

 

1・痛みがかなり強い

よく痛みについて輪ゴムでぱちんとはじいた程度などと表現されることがありますが、脚や腕ならその程度の痛みかもしれませんが、脇の部分やデリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)など、そして毛が太かったりしますと、その痛みはかなり鋭い痛みを感じる場合があります。

 

痛みの感じ方は、痛みに強い体質の方と痛みの敏感な方では感じ方が大きく異なりますので、痛みに敏感な方には、レーザー脱毛は向いていないかもしれませんね。

 

 

2・照射範囲が狭い

レーザー脱毛は位階の照射範囲が狭いので、何回も照射しないといけませんし、時間と手間がかかりますし、何度も痛みに耐えなければいけませんから、かなりの忍耐が必要ですね。

 

3・黒いものに反応するので日焼けとかアザ、ほくろには注意

 

日焼けしていると毛ではなくて肌のメラニンにレーザーが反応してしまうので、日焼けしている人は使えません。また、あざやほくろなどに照射した場合に、傷跡になる場合もありますので注が必要です。

 

 

光脱毛方式の脱毛器の特徴

 

 

光脱毛方式の家庭用脱毛器は、フラッシュ式脱毛器とかIPL(インテンスパルスライト)脱毛器などとも呼ばれています。家庭用脱毛器として大人気のケノンは、光脱毛器です。

 

家庭用脱毛器のメリットといえば、やはりいつでも自分のペースで脱毛ができるという事でしょう。

 

 

また、料金の方も今では5〜8万クラスのものが主流であり、購入後はカートリッジなどの交換時に数千円程度の費用はかかりますが、エステやクリニックでの施術と比較するとかなり費用を抑える事が出来ます。

 

 

家族や友達と共用して使う事もできますし、人前で肌をさらす恥ずかしさも感じる必要もありません。

 

 

 

家庭用脱毛器のメリット

 

家庭用脱毛器には多くのメリットがあり、普及するだけの理由があります。家庭用脱毛器の1番のメリットは、コスト的なことですね。

 

まず何よりも、家庭にて脱毛処理ができるという点が大きいといえます。

 

エステやクリニックに通うことは時間を大きく消費してしまいますが、家庭用脱毛器であれば気軽に、かつ好きな時間に脱毛処置できるというメリットがあります。

 

また、家庭用脱毛器の、脱毛に必要な経費が安いというのも大きなメリットといえます。エステでの脱毛にしても、医療脱毛にしても、全身脱毛となれば数十万円以上の支出を覚悟しなければなりません。

 

その点、家庭用脱毛器は、平均して5〜10万円の本体価格となり、一度購入してしまえば何度でも好きなだけ脱毛でき、エステに比べ安くあがる場合が多いのです。

 

 

ただ、脱毛器の消耗品は毎回必要となりますが、脱毛サロンの異様に比較すれば微々たるもので、特に問題になる金額ではありません。脱毛機本体やカートリッジなどを合わせて計算しても、エステなどで脱毛してもらうよりも格段に安く済みます。

 

 

1・1台あれば家族で共有して使えさらにコストパフォーマンスがよくなる。

 

家庭用脱毛器本体は平均して5〜10万円ほどの価格で、決して安い買い物ではないですから、家族皆が、共有して使用すれば1台で済みますから、コストはかなり安くできます。

 

 

2・家庭用脱毛器の場合、返金保証がついている場合が多い。

 

ネット販売の家庭用脱毛器の場合は、手に取ってみることができませんから、ほとんどのメーカーで、「肌に合わない」「効果がない」などの場合は、はとんどのメーカーで返金保証を受けることができます。

 

すべての家庭用脱毛器に返金保証が付いているわけではありませんが、現在通販で売られている家庭用脱毛器のほとんどに、返金保証が付いていますから、安心して購入できます。

 

 

3・サロンでのカウンセリングなど施術前の面倒な手続きがない。

 

エステで脱毛するまでには何かと時間を取られることがあり、貴重な休日が脱毛のために半日潰れてしまう、なんてこともありえます。

 

他の予定をキャンセルしても行かなければならない。なんてことになりますが、家庭用脱毛器の場合は時間に余裕がなければササッと気になる箇所だけ脱毛し、余裕があれば、ゆっくり丁寧にと、脱毛にかかる時間を自分でコントロールできます。

 

 

4・有効期限や回数の制限がないが故障する場合もある。

 

 

エステサロンやクリニックでの脱毛コースの場合、その施術の期間や回数に制限があります。最近は、回数無制限というようなコースも出てきましたが、その中に当然コスト回収の費用は入っています。

 

その点、家庭用脱毛器なら、一度脱毛器本体を購入してしまえば、回数や期間の制限なしに、長い間使い続けられるのです。

 

どんなに頻繁に脱毛しようと、逆に前回の脱毛からいくら間隔が開いても、自分の好きな時にいつでも何回で使用できます。

 

 

5・人に見られたくない部位も気にせず脱毛できる。

 

普段は服の下に隠れている体のあちらこちらを見られるのは、たとえ、サロンやクリニックの女スタッフが女性であっても恥ずかしいですよね。

 

 

相手は脱毛のプロだと分かっていても、毛が生えている状態のワキやふくらはぎ、ビキニラインなど、さらに最近はIラインとか、Oラインなど、自分でも見たことがないような部分まで見られるのには少々気が引けます。

 

その点、家庭用脱毛器なら、自宅にて自分自身が行う脱毛なので、人に見られて恥ずかしいということは全くありません。

 

 

家庭用脱毛器のデメリット

 

家庭用脱毛器のデメリットには、次のようなものがあります。

 

業務用脱毛器などと比べて効果が薄いというものがあります。家庭用脱毛器は安全性を重視しているために、脱毛するための出力されるエネルギーは低くなっています。

 

 

そのため脱毛効果が出るまでにはある程度時間がかかると思った方がいいでしょう。また、火傷や器具を不衛生にしていたための肌トラブルなども、すべて自己責任となるという事を忘れないようにしないといけません。

 

 

レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器などの機械系の家庭用脱毛器は、事故を防ぐために業務用よりも出力が低く抑えてあり、効果が表れにくいという欠点があります。

 

 

また、このことから、効果の低さから脱毛期間が長期的になり、家庭用脱毛器が安価とはいえカートリッジ交換などの費用がかかり、結果的に必要費用がエステなどでの脱毛と大差ない状態になることもあります。

 

また、脱毛に失敗しても、ほぼ自己責任となります。これらのことから、家庭用脱毛器を選ぶ際には、商品自体をよく吟味してから購入するべきということができます。

 

安価とはいえ、それなりの値段はするので、商品の効果やコストパフォーマンスなどについてよく考えてから購入、使用しましょう。

 

1・初期投資費用・維持費は自分持ち

 

現在販売されている一般的な家庭用脱毛器は、平均して本体価格が5〜10万円くらいです。効果が高くいいものは15万円以上するものまでありますから、最初の出費は、かなりのものになりますね。

 

ですから、購入される場合はメーカー別の商品比較をして、失敗の内容にしましょう。

 

クレジットで、分割などという方法や、商品によって分割払いOKという商品もありますので、利用されればいいかと思います。

 

 

2・身体の中でも自分で脱毛できない部分がある。

 

脱毛できない部位というのはどういう部分かといいますと、背中の部分とか、おしりの後ろとか物理的にできない部分があります。

 

 

脱毛器によっては、顔の脱毛やIライン、Oラインなど脱毛を禁止している脱毛器があります。特に、顔の部分は、レーザー光線が目に直接入った場合に、失明する危険もあるからです。

 

 

3・故障した場合は新たに購入必要(保証期間内はOK)

 

買って間もない時期の故障でしたら、1年間ほどの無償修理保証が付いている脱毛器もあるので、無料での修理・交換が可能なこともあります。

 

しかし、保証期間を過ぎてから故障した場合に、修理すればかなり高額になりますから、買換えということになり、1年で交換なんてなったなくに泣けませんよね。

 

初期費用が大きかった分、予想外に早い段階で壊れてしまうと、手痛い出費となってしまいますよね。

 

 

4・万が一のトラブルの対応は自分で責任を取らなければならない。

 

 

家庭用脱毛器を使って脱毛した際に、脱毛器が合わなくて、肌のトラブルが起きてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

熱線が肌に当たって火傷した、毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたなど、また、脱毛器の光線は黒いものに反応するようになっていますので、間違ってホクロとかキズぐちなどに照射してしまい炎症を起こしてしまうなど、万が一に備えてその対応を考えておきたいです。

 

 

脱毛器自体が肌に合わなくて、皮膚が予想以上に荒れてしまうこともあるかもしれません。

 

 

けれどもトラブルが起きた際の処置を、その脱毛器メーカーに求めることは当然できません。

 

 

そのようなトラブルになった場合は、直ちに、病院で診察を受けましょう。もちろん、病院の治療費はメーカーの器具の不良などが証明されない限り、自己負担となります。

 

 

5・家庭用脱毛器は安全性重視ために効果が薄い。

 

脱毛するための出力されるエネルギーが低く設定されていますので、脱毛効果がとても低くて、効果の低さから脱毛期間が長期的になり、家庭用脱毛器が安価とはいえカートリッジ交換などの費用がかかり、結果的に必要費用がエステなどでの脱毛と大差ない状態になることもあります。

 

 

家庭用脱毛器の人気商品

 

脱毛器「ケノン」!家庭用脱毛器では最高の性能です

 

 

「エピナード」痛くない家庭用脱毛器・評判

 

トリア・パーソナルレーザー脱毛器・評判

 

 

サーミコン式家庭用脱毛器の特徴

 

「サーミコン式」は、熱線でムダ毛を焼き切る方法で、最近開発された方式ですが、毛を焼いて切るので、脱毛というより「除毛」あるいは「減毛」で、普通のシェーバーと同じような感覚で使えて手軽にできるのが特徴です。熱で毛を焼き切るとき、その熱が毛根にまで伝わって毛根にダメージを与えるので、毛が生え変わる周期を遅くする効果があります。

 

熱線を使いますが、その方法は肌に直接熱線が触れるわけではないですが、なんとなく熱で焼くといいますと、熱くない?と心配する人がいますが、熱源が直接肌に触れるわけではありませんので、まったく心配はありません。

 

 

サーミコン式脱毛器のメリット

 

サーミコン式脱毛器は、最初は数日に1回くらいのペースで、発毛の状態を見ながら使用していますと、完全に脱毛できるわけではありませんが、すこしずつ発毛の状態が変化してきますから、だんだん毛質が薄くなったり、発毛の回数が減ってきますから、その状態に合わせて回数を調整してください。

 

 

1・サーミコン式脱毛器は痛みや熱さは感じない

 

カミソリやシェーバーだと、肌が弱い人や、敏感肌の方の場合は、カミソリ負けで肌荒れする人もいます。でも、サーミコン式だと熱線は肌に直接触れないので、痛みも感じないし、熱いという感覚もあまりありません。このように、肌荒れも起きないのがメリットです。

 

2・毛の切断面の面積が広くなるので毛が太く見える

 

サーミコン式脱毛器の場合はカットするのではなくて熱で焼き切るわけですから、普通のシェーバーやカミソリは毛をスパっと切るので、剃った後はすぐはキレイですが、1日もすると発毛が始まりチクチクしますね。毛の切断面の面積が広くなるので、毛が太く見えるのもデメリットです。でも、サーミコン式は焼き切るので毛の断面が広がることも、チクチクすることもありません。

 

3・うすい毛とか産毛などに効果が高い

 

レーザー式の脱毛器では、うすい毛とか産毛などには効果が出にくいですが、サーミコン式脱毛器の場合は、細い毛も焼き切ってしまいますのできれいに仕上がります。

 

 

サーミコン式脱毛器のデメリット

 

1・サーミコン式脱毛器の脱毛効果は薄い

 

サーミコン式脱毛器はだれでも簡単に取り扱いできますから、手軽にシェーバー感覚で使えるサーミコン式脱毛器ですが、レーザー式や光脱毛式に比べて、脱毛効果は弱いというか、減毛といったレベルの脱毛と考えてもいいでしょう。

 

 

2・サーミコン式脱毛器の脱毛効果が出るまで時間がかかる

 

毛を焼き切るときの熱が毛根にも伝わるのですが、直接毛根に働きかけるわけではないので、脱毛効果が出るのは、かなりゆっくりだと考えたほうがいいと思います。

 

3・痛みはほとんどないが効果が出にくい

 

時間がかかってもいいから、痛いのは嫌だから、ゆっくりでもいいからいいという方は、サーミコン式脱毛器がお手軽でしょうね。

 

 

高周波式家庭用脱毛器の特徴

 

高周波式家庭用脱毛器とは、先のとがったピンセットのようなものでムダ毛を挟み込んで、高周波(エネルギーがとても高い電波のようなもの)を流すことで熱エネルギーを発生させ、毛根のまわりの組織を壊し、痛みや抵抗を少なくしてから毛を抜く方法です。

 

 

高周波式脱毛器のメリット

 

 

高周波式家庭用脱毛器のメリットは、光などを使用しませんから、顔の部分や目の周り、眉毛などを脱毛するのに使うことができます。

 

前もって高周波で毛根組織が破壊されていますので、抜くときの痛みはほとんどなく、痛みがあったとしても、脱毛回数を重ねるごとにだんだん痛みも和らいできます。

 

ただし、骨に皮膚があまりついていない、膝や足のすね、足の甲など、皮膚が薄い部分ですと、骨の部分にも高周波が届いてしまい、強い痛みが出ることもあります。

 

また、レーザー脱毛や光脱毛は、黒いものに反応するために、あざ、ほくろ、日焼けした部分などは、使用できませんでしたが、高周波式家庭用脱毛器の場合は、メラニンなどの黒いものがあっても使用ができます。

 

 

価格はほかの脱毛器に比較すれば、とてもお値打ちに購入することができます。

 

高周波式脱毛器のデメリット

 

高周波式家庭用脱毛器の最大のデメリットは、毛を挟み込んでから電流を流すわけですが、その時間が数十秒もかかってしまいますから、とにかく時間がかかりすぎるということです。

 

また、その効果を考えてみますと、脱毛回数に比較して効果が出るようになるまでにとても時間がかかるということでしょうね。細かい作業があまり好きではない方には、おすすめできませんね。

 

 

超音波式家庭用脱毛器の特徴

 

超音波脱毛器の仕組みは高周波脱毛器と同じシステムで脱毛する構造ですが、ピンセットで毛を挟んで、そこに高周波(エネルギー)の代わりに超音波を流して脱毛する方法です。
超音波というものは、高周波の反対の低周波とも言ってよいかと思いますが、非常に低い音源は振動を発生するという原理を応用したものです。

 

 

超音波式脱毛器のメリット

超音波式脱毛器の場合は、今までの脱毛器とは違い、まったく熱源がありませんので、肌への負担や痛みはほとんどありません。高周波脱毛器と同じく、光を使わないので、まゆ毛や口元など、顔に使うこともできます。

 

 

超音波式脱毛器のデメリット

超音波脱毛器の使用を続けていると、毛がだんだん細くなり、生えてくるスピードが遅くなりますが、その速度はとても遅くて、早い人でも、効果を実感できるまでには、2〜3年程度かかるといわれています。

 

ただ、高周波式脱毛器や超音波式脱毛器の場合には、ムダ毛がだんだん細くなっていくので、その細いムダ毛が埋没毛となってしまうという危険性があることが知られています。  埋没毛(埋もれ毛)とは⇒こちら

 

 

 

家庭用脱毛器の総合評価

 

家庭用脱毛器は、脱毛器の価格、脱毛方式、脱毛範囲、脱毛時の痛み、脱毛期間など評価するには、様々な要素がありますから、一口にどの脱毛器が一番いいという結論は出ませんが、コストを重視される方は価格面を参考にして、また早く脱毛したい方は、一度に広範囲に脱毛出来てエネルギーが強いものが適していると思います。

 

 

以下に主なメーカーの自己脱毛器の価格・特徴・痛み・効果・メリット・デメリット・口コミなどを網羅しておきますので、それぞれの脱毛の目的に合わせた自己脱毛方法を選ばれるといいかと思います。

 

家庭用脱毛器人気ランキングはこちら

 

 

自己処理で起こるトラブルは自己責任

 

自己処理の方法や危険性などの知識もなくて、脱毛や脱色などをした場合は、いろいろな肌のトラブルが起こる場合がありますので、注意しなければなりません。

 

 

薬品が合わないことによって、肌の色が黒くなったり、茶色になったりして色が取れなくなってしまう、いつも肌がガサガサして乾燥している、毛穴が広がって元に戻らないために黒ずみがひどくなった、毛穴の内部が変形してしまって更なるトラブルの原因になっている、というような自己処理による肌や毛穴へのダメージは、いろいろありますので、肌トラブルを避けるために、自己処理には特に気を付けなければいけません。

 

 

自己処理で起こるいろいろなトラブル

 

自己処理方法で、大切なのは、その取扱い方法や特徴をよく知って、やり方を間違えないことですね。そして、アフターケアをしっかりやって、乾燥や処理したところから雑菌が侵入したりしないようにすることも大切です。

 

 

間違った処理方法は、どんどん肌を汚くしてしまいます。開いて黒ずんだ毛穴や、茶色く色素沈着してしまった肌は、すぐには元には戻りません。簡単に考えて処理をいい加減にしておきますと、取り返しの付かない場合もあります。

 

 

自己処理トラブル

 

■肌の黒ずみ
■色素沈着
■肌荒れや乾燥
■熱処理によるやけど
■埋没毛
■毛嚢炎

 

 

■肌の黒ずみ
間違った自己処理によって、処理した後が黒くなってブツブツ見えたり、毛穴が開いてその中に、外部からの刺激や不純物が入り込んで黒くなってしまうなどトラブル

 

■色素沈着
肌は、外部からの刺激を受けたり、強い何らかの刺激を受けると、肌を守るために通常の生産量より多くのメラニンを作り始めます。その必要のないメラニンが、皮膚の中に沈着して肌が茶色になったり、黒ずんだりすることがあります。

 

■肌荒れや乾燥
肌は、普段はとても薄い角質層などによって外部からの刺激を排除するようにできています。
しかし、剃刀でムダ毛を剃ったり、薬剤などで毛を溶かしたり、脱色したりして、肌の表面を傷つけたりしますと、肌うを守る機能が衰えて、水分が蒸発したり、炎症を起こしたりして、乾燥状態になります。

 

 

■熱処理によるやけど
熱処理による脱毛の場合は、当然、毛を焼き切るわけですから、ヒーターなどの熱源を使用しますが、その取扱い方法を誤ると、肌がやけどを起こしてしまいます。

 

 

■カミソリ・毛抜きで埋没毛
埋没毛というものは、毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側や毛穴の中で伸びるために、皮膚が黒く見えたりすることですが、そのままにしておけば、毛の寿命が来れば自然と体外に排出されますが、その間は見た目は良くないですね。

 

 

■毛穴が傷ついて毛嚢炎を起こす
毛穴の部分を傷つけるような脱毛方法をしますと、その傷ついたところから内部に細菌が入り込んで、化膿したり炎症を起こしたりします。この傷跡が残った跡に、ニキビのようなものができて、それが治っても跡が残ってしまいます。

 

 

埋没毛について

 

埋没毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴がふさがってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。

 

 

毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。毛穴を傷つけるような無理な脱毛をしたことにより埋没毛になってしまう方が多いです。

 

 

おもに、毛抜きなどで毛を抜くときに毛根から抜けず途中で切れてしまった場合や、毛根から抜き取ったが、毛穴が塞がった後に毛が再生した場合に毛がそのまま皮膚の中で成長してしまうことが多いそうです。

 

 

また毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、その回復とともに毛穴がふさがってしまい、中の毛が皮膚の表面に出てこれなくなってしまうことなどがあります。

 

 

埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。

 

 

炎症を起こした場合は、自分で治療するよりも、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいみたいですね。

 

 

毛膿炎(もうのうえん)について

 

 

毛膿炎とは、脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことをいいます。

 

 

毛膿炎になる原因は不潔な環境でのムダ毛の脱毛処理により傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、無理に毛抜きで毛を引き抜くと毛穴を広げそこから細菌が入り炎症を起こしてしまいます。

 

 

毛膿炎になってしまったら、赤みや腫れ、痛みがある場合は、きちんと医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があるそうです。それを怠ると患部が広がったり傷跡が残ることもあるそうですので十分な注意が必要です。

 

 

ムダ毛処理を間違えて肌が黒ずみブツブツなるトラブル

 

 

顔の毛穴や手の黒ずみは気になりますが、足の毛穴は意外と気づきにくいので見過ごしてしまいます。せっかくムダ毛のお手入れをしても、毛穴がブツブツとしていたら、キレイな足というわけにはいきませんね。

 

 

手ざわりもザラザラなんてことになったら外出もできませんよね。でも毛抜きで抜くのは大変だし、毛穴にもよくないし、エステにでも行かない限りツルツル足は手に入らないのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。顔の毛穴のお手入れがあるように、足の毛穴だってケア次第ではキレイになれます。諦めずに、足の毛穴をキレイにしてさらなる美脚を目指しましょう。

 

 

足のボツボツはムダ毛処理によって炎症を起こしていることが大きな原因です。無理に引き抜いたり、市販のムダ毛処理で何度も処理をしていると、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。

 

 

その結果、赤くなったり、ボツボツになってしまうのです。足をツルツルにするには、正しいムダ毛処理が必要です。

 

 

足のムダ毛を毛抜きで抜いてしまう場合は、毛抜きで毛を引き抜いてしまえば、ムダ毛もキレイになるし毛穴も黒くならないと思っていませんか?

 

 

実は毛を抜くという処理方法が一番毛穴を傷めてしまうのですよ。なぜなら、皮膚の一部を無理に引き抜くことだからです。無理やりひき抜くということは、肌が傷つこうということです。

 

 

普段の生活で、怪我をした場合にそのままにしておきますと、傷口が化膿したり、跡が残ってしまいますね。毛を無理やり抜くということは、これと同じことなんですね。

 

 

毛を抜いた後、出血することがありませんか?それは生きている毛を無理に引き抜いている証拠なんですね。さらにそこから菌が入ってトラブルを起こすこともあるのです。

 

 

ですから、ムダ毛処理の場合は、抜くということは絶対にしないほうがいいでしょう。

 

 

自己処理の中で安全な方法は、毛抜きや脱毛テープなどで抜くよりはカミソリなどで剃った方が、肌への負担は少なくてすみます。ただし、カミソリで剃るには注意があります。

 

 

まずはカミソリの選び方です。カミソリで剃ったあと、ヒリヒリするものは避けましょう。剃っても肌がかゆくなったり、痛みがないものを選ぶこともだいじです。

 

 

また、逆剃りはいけません。お肌を傷めることになりので、ヒザからくるぶしに向かって剃るようにしましょう。

 

 

そのほかには、肌に優しい脱毛方法として、毛抜きや脱毛テープで毛を抜くよりは、除毛クリームなどによる除毛の方が肌に対する負担は軽いです。ムダ毛の剃り残しなどの心配もありません。

 

 

ただし、肌の弱い人は注意しましょう。肌にかゆみが出たり、かぶれたりすることもありますので、パッチテストを行ってから使いましょう。

 

 

また、意外と知られていないのが、ムダ毛処理後のことなんですが、

 

ムダ毛処理を行った後は、必ずお肌のケアを。それをしないと、炎症がしずまらず毛穴のブツブツにつながってしまいます。除毛が終わったら、炎症をしずめるために冷たいタオルなどで冷やします。

 

 

そしてクリームなどを塗って肌を乾燥させないようにしましょう。また、毛穴を引き締める化粧品を使うのもいいでしょう。

 

 

また、ムダ毛処理の前は菌を少しでも毛穴に新入させるのを防ぐため、きれいに洗ってから行いましょう。石けんなどで清潔にすることで、肌表面の菌を減らすことができます。

 

それから、自分の体調が悪い場合は、処理をした部分の傷も治りにくいし、菌による化膿もしやすくなります。生理前、風邪気味のとき、疲れているときや睡眠不足などのときは除毛はしないようにしましょう。

 

 

脱毛で起こる硬毛化と多毛化のトラブル

 

 

硬毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前より毛が太くなる現象です。主に産毛が黒くしっかりとした毛になったり、殆ど何も生えてない様に見えた所から毛が生えだします。

 

多毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前よりも増える、もしくは増えた様に感じる現象です。毛穴の数は一定ですので、ずっと毛が増え続ける訳ではありません。産毛が硬毛化して目立つようになったから、多毛化したと感じる人もいます。

 

 

毛を薄くしたいのに!あるいは脱毛したと思っていたのに、なぜ硬毛化してしまうのか?

 

 

その原因として考えられるのは、毛の再生組織が破壊し切れなかった場合に、熱刺激により毛の成長が促進され太く長い毛となることが推測されるといわれています。

 

 

退行期、休止期の毛の成長が促進されたことも可能性としてかんがえられます。

 

 

脱毛レーザーを当てることにより、逆に毛根周囲組織の活動が活発化してしまうことで増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的な原因と考えられています。

 

 

しかし、増毛化・硬毛化の原因は、いまだ完全に解明されていません。

 

残念ながら、増毛化・硬毛化の原因は未だ解明されていません。通常、脱毛に使用するレーザーは、体毛のメラニン色素に反応した際に熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包を破壊することで、脱毛効果を生み出しているですが、脱毛レーザーを当てることにより刺激された毛根周囲組織の活動が破壊されず、逆に活発化してしまった際に増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的です。

 

 

増毛化・硬毛化については、上にも述べた通り未だ解明されていない点が多く、リゼクリニックで行う医療レーザーに限らず、他のクリニックで行う医療レーザー脱毛やエステサロンでの光脱毛、さらには家庭用脱毛器での脱毛でも起こり得る可能性があります。

 

 

光線を使用し毛根細胞を刺激するあらゆる脱毛法において、増毛化・硬毛化は起こり得るのです。

 

 

増毛化・硬毛化が発症しやすい部位とは?

 

増毛化・硬毛化の可能性が特に高い部位として、うなじ・背中・二の腕・肩付近などの桃の皮のように、毛が細く薄い部位での報告が最も多くあげられております。

 

 

しかし、それ以外の部位なら可能性がないとは断言できません。上にもあげたとおり、未だ原因が解明されていないため、増毛化・硬毛化のリスクをゼロにするのは非常に困難なのです。

 

 

とは言っても、うなじ・背中・二の腕・肩などはご自身で手入れがしにくいこともあり、とても人気の部位です。

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。